法律について

知らなかったでは済まされないのが法律。これはドローンにも大きく影響しています。ドローンに関係する法律は電波法です。電波法は国によって定められた電波のルールです。電波というのはスマートフォンや電子レンジ、パソコンに携帯といった多くの家電で日常的に使われています。これらには周波数が割り振られているため、使用するためには無線局の免許や無線従事者の資格が必要となる場合があるのです。

ドローンは送信機から電波を飛ばして遠くにあるドローンを操縦しています。そして、ドローン自身も撮影したデータ、機体のデータなどを端末に飛ばしているため電波を利用しているのです。そのため、ドローンの中でも使用している周波数によっては資格が必要な場合があるため注意が必要です。

ドローン操縦の際に必要な資格はまずアマチュア無線4級以上です。そして、無線局の開設を申請する必要があります。そして、技術基準適合証明を受けたドローンでなければ操縦することが出来ません。そのため正規店以外での購入はこの技適マークが付いていないことがあるため気を付けましょう。特に海外からの輸入品は日本での承認を受けていないものも多いため、知らない間に法律違反をしている可能性もあるのです。

LINKS

Copyright © ドローン購入について知っておきたい最低限のこと!, All rights reserved.